ISOを活用した組織を元気にする
シスラボISOネットワーク

シスラボISOネットワークトップイメージ

コンサルの現場から

コラムNo.353

『知識と知恵』


歩留まり改善活動の中で、決めたことを守れない人がいるという。詳しく説明したがやらない、だからあの人はダメと決めつけている。

現場で見ると知らせたが相手が理解してない。相手が自分の問題として認識できなければ、言われた時はやるが自立的に行動しないものである。対話が一方的で知識は理解したが知識が認識されす知恵になっていない。よくある課題だ。


文・末広繁和
更新日:2013-02-10 05:10:54

シスラボISOネットワークバックイメージ
SYSLABISO.com  
(C)2000-2008シスラボISOネットワーク All rights reserved.
コンテンツ内の画像、文章、HTMLなどの転載禁止
著作権で保護されています。
Powered by CINFO.jp
  シスラボ・スエヒロ
syslab-ISO-networkを運営している シスラボ・スエヒロのホームページ。
お問い合わせ・質問などはこちらまで。