ISOを活用した組織を元気にする
シスラボISOネットワーク

シスラボISOネットワークトップイメージ

コンサルの現場から

コラムNo.375

『継続的改善』


マネジメントシステムを一言でいうと何ですかと聞かれると、PDCAを回すことですと答えている。全社員でPDCAを回すことです。目指すところはお客様に信頼、安心をプロセスで説明できる組織です。PDCAの結果、QCDSMを適切に管理し、企業の継続的発展と社員の努力が報われる組織づくりです。

そのためには品質マネジメント8原則の継続的管理、「組織のパフォーマンス改善を継続的目標にする」ことを重視したマネジメントシステムを構築することです。これを「筋の通った目標管理」と呼んでいる。経営者からパート社員まで自分は組織のパフォーマンス改善に何ができるか見える化の工夫が必要です。

過日ある企業で、経営理念から職場目標で展開し社員の見えるところに目標管理表が掲示されていた。ISO管理責任者に当社のISO運用の目的はなんですかと聞いてみたが明確でない。本来の目的はこれですねと聞いてみた。目標管理表がパフォーマンス管理の道具といえる。


文・末広繁和
更新日:2013-02-12 01:28:46

シスラボISOネットワークバックイメージ
SYSLABISO.com  
(C)2000-2008シスラボISOネットワーク All rights reserved.
コンテンツ内の画像、文章、HTMLなどの転載禁止
著作権で保護されています。
Powered by CINFO.jp
  シスラボ・スエヒロ
syslab-ISO-networkを運営している シスラボ・スエヒロのホームページ。
お問い合わせ・質問などはこちらまで。